レバレッジをかけないFXトレードのメリット(初心者におすすめの低リスク投資法)

レバレッジをかけない(レバレッジ1倍)堅実FXトレードのメリットをご紹介します

ども。投資軍師のかんべえです。

今回は私が長く続けている「レバレッジをかけないFXトレード」のメリットについて改めてご紹介させていただきます。

FXはレバレッジをかけなくてもトレードすることができる(レバレッジ1倍)

FXはハイリスクハイリターンな投資であるというイメージがいまだに強いです。

その理由としては、FXは25倍までレバレッジをかけたトレードができるからです。

つまり、FX口座に10万円入金すれば、その25倍である250万円分のトレードをすることができるというわけです。

米ドルに換算すると、約23,000ドルということになります。

口座資金10万円で23,000ドルの取引をした場合、ドル円が4円以上動いたら、含み損が10万円を超えてしまい、強制ロスカットとなってしまうわけです。

また、「DMMFXを初心者におすすめできない理由とは?」の記事でも書きましたが、DMMFXやGMOクリック証券は10,000ドル単位でしか取引ができないため、FXはレバレッジをかけて大きなトレードしなければならないかのよにさえ思われていますよね。

ですが、FXは別にレバレッジをかけなくてもトレードができます。

先の例ですと、10,000ドルを買うのであれば、口座に110万円ほど預けていれば、レバレッジは約1倍となり、理論上、ドルがデフォルトしない限り、ロスカットされません。

まるで外貨預金のように堅実なトレードをすることができます。
(ちなみに外貨預金はおすすめしませんよ。参考:外貨預金をおすすめしない理由を改めて書きます。銀行に騙されるな!

また、FX口座によっては1000ドル単位でのトレードができるところや、SBI FXトレードのように1ドルから取引ができる会社もあります。

全然、FXでもレバレッジをかけずにリスクを抑えて外貨に投資をすることが可能です。

レバレッジ2倍以内の堅実トレードを続けています。

私はレバレッジ2倍以内で堅実トレードを続けています。

主に米ドルメインで、その他、ユーロ円、南アフリカランド、トルコリラ等も投資をしています。

詳細は以下の記事をご参考に

レバレッジをかけていない分、確かに利益は少ないですが、長期的に大きな資産となりそうです。

かれこれ5年近く続けていますね。

レバレッジをかけないFXトレードのメリット(初心者にもおすすめ)

では、レバレッジをかけないFXトレードのメリットを実際に5年ほど続けてみて感じたメリットをご紹介したいと思います。

ストレスがない

これが一番ですね。

レバレッジをかけていないので、大変動があっても、慌てる必要がありませんし、深夜の指標等も気にせずぐっすり眠ることができます。

昔、レバレッジをかけてトレードをしていた時は、常に相場を気にしなければなりませんからね。雇用統計など深夜に発表がある時は、寝ずにトレードを待ち構えていなければなりませんからね。

まあ、それが楽しいというのであれば、良いのですが。

大変動時がチャンスに

レバレッジをかけていないと為替の大変動がむしろチャンスとなります。

例えば、今月の米国利下げからの108円から105円への暴落も、ドル円を安値で買うことができました。
(参考:円高トレンド突入!実践中の300ドル単位の米ドル積立投資法について

また、2019年の年初のドル円フラッシュクラッシュ時も買い指値を並べておいたので、安値で買うことができました。
(参考:例えば2019年1月のフラッシュクラッシュの時

大変動時というのは多くのケースでは一瞬だけ最安値を付けて、その後は戻るケースが多いです。

そんな時、レバレッジをかけてなければ、最安値でも買う資金の余裕がありますから、大変動がチャンスとなるわけなんです。

レバレッジをかけていると、大変動時はロスカット、もしくは証拠金維持率が低くなり、勇気を持って、最安値で買うことができませんからね。どちらがトータルで利益がでるのか、考える必要があるでしょう。

冷静な判断ができる

ドル円フラッシュクラッシュや先日の米中対立による暴落は、そこまで深刻な下落ニュースではないので、レバレッジをかけていなければ、下がったときに買うという判断ができます。

仮に判断が間違ってさらに暴落しても、含み損が増えるだけで、また追加で買うかどうかの判断が可能です。

しかし、レバレッジをかけていた場合、追加で買って、もし暴落したら、強制ロスカットで退場。

という状態になると思いますので、間違えが許されません。

そのため、少しの値動きに敏感になり、「下か?上か?」とピリピリしてしまい、買ったあと、少し下がったら「やはり下か?」となり、損切りドテンショートして、また、上がってやっぱり買ってと、冷静な判断ができなくなるわけです。

まあ、過去の私なのですが、これではいつまでたっても勝てないと思い、レバレッジをかけたトレードはやめました。

堅実な資産運用になる

FXで米ドル積立投資を1年間続けてみた結果【全約定履歴をブログで無料公開中】」の記事でも書いていますが、特に米ドル円は堅実な資産運用になります。

スワップ金利も年利約2%ほど入りますし、長い歴史を見ても米ドル円は下がってもいつかは戻る傾向にありますので、スワップ金利を稼ぎつつ、ドル円が上がれば売り、下がれば買うを繰り返して、利益を増やしていくことができます。

長期的に見ても堅実な資産運用になり得るでしょう。

塩漬けになってもいつかは勝てる?

ドル円もリーマンショック時70円台を付けましたが、現在は110円近くまで戻しています。

ですので、レバレッジをかけていなければ、塩漬けになってもいつか勝てる。つまり、無限ナンピンをしていれば、いつかは勝つことができるのではないかとさえ思えます。

しかし、これはどうなるかわかりません。米ドルだって絶対ではありませんからね。

また、リスクの高い南アフリカランドやメキシコペソ、トルコリラに至っては、ただ、ナンピンを続けているだけでは勝てるか微妙なところです。

参考:トルコリラをFXで3年半投資し続けて実感したリスクと本当の利回り

デメリットは暇なこと

堅実トレードのデメリットは暇なことですね。相場は動かない期間が長く続くことがありますので、その時は何もすることがありません。

ですが、投資で大事なことは「損をしないこと」ですからね。

また、もう一つのデメリットとして、レバレッジをかけたトレードと比べて一撃の利益が小さいというのがありますが、これはリスクを抑えている分、仕方がありませんね。

レバレッジをかけたトレードは平常時は利益が大きい分、大変動時に今までの利益以上に損失を抱えてしまうことがありますからね。メリットであり、デメリットでもあります。

レバレッジをかけないFXトレードをする方法

以上、レバレジをかけないFXトレードのメリットをご紹介しました。

ノンストレスでコツコツ利益が増えていっていますので、私はかなり気に入っています。

レバレッジをかけないFXトレードをする方法ですが

  • FX口座に口座を10万円入金
  • 10万円の資金の範囲内でトレードする(米ドルなら約1000ドルまで)

この2点だけですね。

10万円からスタートするのであれば、10万円の資金の範囲内まででトレードをすればいいだけです。約1000ドルですから、100ドル単位で売買するのがいいでしょうね。

私の場合はレバレッジは2倍までは許容と考えていますので、資金が10万円なら2000ドルくらいまでは保有すると思いますね。

FX口座は「SBI FXトレード」がおすすめです。

⇒【SBI FXトレードの評判】なぜおすすめできる口座なのか?利用歴6年が語ります。

他の口座と違い、1ドルからトレードできますからね。今回の例での100ドル単位での注文も可能です。

他の口座は大体が1000ドル単位、10,000ドル単位となっていますので、資金力がなければ、レバレッジをかけないトレードには適していません。

外貨を堅実な資産運用にしたい方、これからFXを始める初心者の方にもおすすめのトレード方法なので参考にしてもらいたいです。

レバレッジをかけないFXトレードについては「レバレッジ1倍FXでリスクを限りなくゼロにして毎月1万円ずつ米ドルを買う方法」の記事や「STEP2「FXでドルを積立投資&売買していく」もご覧になってくださいね。

STEP2「FXでドルを積立投資&売買していく」
バビロンの大富豪にも書かれている通り、収入の10%を投資に充てていきます。それでまず何から投資をするか、私はFXで堅実に米ドルを買っていきます。
タイトルとURLをコピーしました