円高トレンド突入!実践中の300ドル単位の米ドル積立投資法について

8月12日ドル円は105.2円まで下落!円高・下落トレンドに突入したのか?

実践中の300ドル米ドル積立投資法についてもおさらします。

ども。投資軍師のかんべえです。

8月12日月曜日、世間はお盆休みですが、為替市場は動いていますね。

個人投資家は平常運転です。

どうやら円高が進むようですね。見ていきましょう。

ドル円は105.2円へ、円高トレンド突入

日本は休日でもFXはガンガン動いていますね。

現時点ではドル円は105.1円と直近の安値も割り込みました。

夏枯れ相場といいますが、まさに真夏に下落トレンドが始まりましたね。どこまで行くのか注目していきましょう。

本日のトレード 南アフリカランドも最安値更新中

本日のトレードです。

どんどん買い下がっていますが、南アフリカランド、ドル円を買い続けています。

参考:南アフリカランドの買うタイミングを考える。(8月5日~)

ユーロ円売り玉も117円割れあたりから決済を始めたいと思っています。

米ドル円積立投資法 300ドルずつコツコツ買い増し作戦

さて、私の米ドル円トレードですが、以下のルールで実践しています。

  • 300ドル単位
  • 下がるたびに買い増し、大きく下がったら大きく買う(小暴落を狙う)
  • 損切一切しない
  • レバレッジは2倍を目安にロスカットしないように

このような単純な投資法です。

詳細記事
⇒米ドルFX積立投資をはじめてみます。~外貨積立におすすめ~

いわば無限ナンピンですが、米ドル円に至っては現時点有効です。

ドル円は下がっても、またすぐに回復するチャートが続いているからです。リーマンショック時も70円台となりましたが、ずっと保有していれば120円にまで戻ってきたわけですからね。

ですので、私は長期堅実に、下がったら買っていき、スワップを貯めつつ、上がるのを待って売るというのを繰り返しています。

レバレッジは低く抑えていますので利益はコツコツですが、長期トータルでは大きくなるでしょう。

現在のところ資金の関係で売買単位は300ドルです。

円高になる都度、300ドルずつ買っていき、1~5円の利幅で決済していく感じです。

ここ最近の米ドル円の約定履歴を振り返ってみますと

このような感じで、300ドルずつ買い指値を並べていますので、直近の最安値でも買うことができています。

どこまで下がる変わりませんが、大底で買えるようにこの投資法を続けていきたいと思います。

300ドル単位でトレードするならSBI FXトレードを使う

私は再三おすすめしていますが、この米ドル円積立投資法は「SBI FXトレード」を使います。

「SBI FXトレード」であれば、1ドルから投資ができるため、300ドルといった小刻みなトレードをすることが可能です。資金力がそれほどない個人投資家にとっては本当にありがたい口座です。

しかも、ドル円スプレッド0.20銭、スワップ80円前後と他社を圧倒しています。

参考:【SBI FXトレードの評判】なぜおすすめできる口座なのか?利用歴6年が語ります。

他のFX口座だと、1,000通貨単位、10,000通貨単位が通常ですので、資金力がないと、この積立投資法はやりづらいですからね。

今後も安値で買っていきます。

さて、どこまで円高が続くのでしょうかね。100円割るなんてことはないと思いますが、ドル円フラッシュクラッシュのような一瞬の暴落であれば、私はむしろウェルカムです。

買い指値を並べていますので、大底で拾ってすぐ回復して売ることも可能ですからね。

ドル円買いユーロ円売り両建て」ですが、今はドル円買いを増やしていくターンですからね、買えるところまでどんどん買っていきたいと思います。

堅実投資法は平常時はあまり稼げませんが、こういった暴落時にはとても有効です。そして、ただ買っていればいいので、ストレスもありません。

ウォーレンバフェットも言っていますが、”早く簡単に金持ちになろうとするのは貧乏脳”であることを意識して、堅実トレードを続けていきましょう。