DMMFXを初心者におすすめできない理由とは?

CMでお馴染みのDMMFXがなぜFX初心者におすすめできないのか?

ども。投資軍師のかんべえです。

今回はFX初心者の方向けに口座の選び方について書きたいと思います。

DMMFXのデメリット

CMでもお馴染みで、スプレッドも狭く、サポートも充実しているDMMFXですが、個人的な意見としては初心者の方にはおすすめできません。

それは、最小取引通貨単位が10,000通貨だからです。

最小取引通貨単位とは?

最小取引通貨単位とはその名のごとく、1回当たりに注文する最小の取引数量です。

FXはFX会社ごとにこの最小取引通貨単位が異なるため注意が必要です。

10,000通貨の会社もあれば、1,000通貨単位の会社もありますし、1通貨から取引ができる口座もあります。

10,000通貨からしか取引ができないということは?ハイリスクトレード必至

では、DMMFXのように10,000通貨からしか取引ができないとどうなるのでしょうか。

10,000通貨ということはすなわち、10,000ドルです。

10,000ドルということは?

1ドル110円とすると、1,100,000円になるわけです。

1回あたりの取引単位が100万円超となるわけです。

レバレッジは25倍までかけることができますから、口座資金は5万円ほどでトレードを始めることができますが、10,000ドルだと1~3円動いただけで証拠金維持率がロスカット基準達し、強制ロスカットとなってしまうわけです。

しかも、フルでレバレッジをかけてしまうと、1lotしか保有できません。為替が動くたびに小刻みな買い増しや売却等がとてもしづらいわけです。

もちろん、ハイリスクなトレードをするつもりなら、別にDMMFXでもいいのですが、初心者の人がFXとはそういうものなのだと勘違いして、ハイリスクなものと敬遠したり、ギャンブルトレードで消耗するのはよくありませんからね。

資金が潤沢にある人はいいですが、そうでない場合は10,000通貨単位のトレードをいきなり始めるのはおすすめできません。まずは小lotでトレードができる口座を選ぶようにしましょう。

ちなみにGMOクリック証券やくりっく365、アイネット証券等も10,000通貨単位取引となっていますので注意が必要です。

FX初心者は1通貨から取引できる「SBI FXトレード」がおすすめ

私も長年愛用していますが、FXを始めるならまずは1ドルから取引ができるSBI FXトレードを使って少額トレードがから始めるのがいいでしょう。

SBI FXトレードはドル円スプレッド0.20銭~とスペックも高く、そのままずっと使い続けるのも全く問題ない口座です。

詳細記事:【SBI FXトレードの評判】なぜおすすめできる口座なのか?利用歴6年が語ります。

ドル円のスワップも高く、私も「ドル円買いユーロ円売り戦法」で使っています。

最小取引通貨単位各社まとめ

簡単にFX会社ごとの最小取引通貨単位をまとめておきます。

1通貨単位

  • SBI FXトレード
  • OANda japan

100通貨単位

  • マネーパートナーズ

1000通貨単位

  • 外為ジャパン
  • ヒロセ通商
  • みんなのFX
  • LIGHTFX
  • インヴァスト証券
  • セントラル短資FX
  • JFX

10000通貨単位

  • DMMFX
  • GMOクリック証券
  • くりっく365

FXをこれから始める人はまずは少額トレードで

以上、FX初心者の方向けに口座の選び方を書きました。

まずはSBI FXトレードで少額からトレードするのがやはりいいでしょう。

決してDMMFXが悪い口座というわけではなく、事実として10,000通貨からしか取引できませんので、その点はご理解いただきたいです。

トレードスタイルによってはDMMFXを使うのも全然ありだと思います。

本ブログ「改めてFX初心者におすすめの業者はどこなのか口座の選び方について書きたいと思う」でも口座の選び方は詳しく書いていますので、参考にしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました