英国EU離脱延期が濃厚!米国viはショートを継続します。

2019年10月31日投資の大イベントとして英国EU離脱の可能性がありましたが、どうやら延期のようです。投資方針を変更します。

ども。投資軍師のかんべえです。

10月末の英国EU離脱から小暴落が始まるのでは?と思っていましたが、どうやら英国EU離脱は延期のようです。

米国viの投資方針を変更したいと思います。

英国EU離脱は延期の予定

英国EU離脱はどうやらまた延期。来年の1月末まで引き延ばされそうです。

英国の欧州連合(EU)離脱を巡り、EUは28日、10月31日としていた離脱期限を最長で2020年1月31日まで3カ月延期することで合意した。英国に時間の猶予を与え、社会や経済に混乱をもたらす「合意なき離脱」の回避を優先する。長期の延期に慎重姿勢を示していたフランスも、英国で総選挙の可能性が高まっているとして方針を転換した。

参考:英離脱、来年1月末まで延期 EUが合意

英国EU離脱となると、また相場が荒れるのかな?と思っていましたが、延期濃厚のようで、しばらくは安定した相場が続くのではないかと思われます。

また米中関係が悪化する可能性ももちろんありますが、とりえあえず直近でわかっているネガティブなニュースはなくなったように思えます。

米国viドテンロングは中止し、ショートを継続します。

というわけで投資方針を変更したいと思います。

さて、米国viなのですが、2019年8月15日にショートポジションをとっています。

米国viを決済しドテンショート2枚追加してみました。
恐怖指数VIX先物と連動する米国vi 相場が安定に入ると予想し、米国利下げ前に買った玉を決済し、ドテンショート2枚を追加してみました。 ども。投資軍師のかんべえです。 ドル円は106円前後で乱高下が続いています。 本...

相場が荒れたときに価格を上げる米国viを10月末の英国EU離脱前にドテンロングしておけば、高い可能性で利益が得れるのではないか?と思い準備していましたが、これを変更してショートポジションを継続したいと思っています。

※米国viの買いのタイミングについてはこちらを参考に
米国VI買いのタイミングを考えてみました。

米国viショートの損益状況(2019年10月30日)

米国viの現在のポジションですが以下の通りです。

米国vi残高

ドテンショート2枚を8月に入れたのですが、一瞬相場が不安定になったときに1枚決済してしまいました。今思うとちと反省ですね。

ただ、損をしなことが大切ですからね。

さて、米国viはショートで1枚20.10で保有していて、現在の価格が15.6といい感じに含み益も出ています。

2回ほどコンタンゴがありましたので、金利調整差額と合わせると、8000円近くの含み益が出ています。

このまま長期保有を続け、13ポイントくらいまで持ちたいと思いますね。

また、次のネガティブイベントがありそうだったら、そこでドテンロングをしてみたいと思います。

ドテンロングのタイミングをおさらいすると

  • 暴落イベント前に買う
  • イベント後に暴落しなければ即損切り
  • 相場安定期間が長く続いた後に買う(15ポイント以下)

です。

次はいつになるか。経済ニュースにも注目しながら、タイミングをうかがいたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました