ユーロ円130.6円超!岸田ショックから一転、再び円安全戻しへ【トレード振り返り】

ども。投資軍師かんべえです。

また、大きく上がってきましたね。

一時、円高になりましたが、また円安相場・全戻し相場となっています。

相場とトレードを振り返ってみましょう。

相場振り返り ユーロ円は130.6円へ

前回のブログは9月26日更新でしたので、それからの動きを見ていきましょう。

まずは日経平均です。

日経平均

(参照元:SBI証券

3万円台から大きく下落。一時は27,500円を割りましたが、その後、回復。今日は28,500円まで戻してきています。

岸田内閣が金融所得課税の見直し、増税の方針を明らかに(後に撤回)したことや、恒大集団債務危機の影響もあるかと思います。

ただ、その後は大きく回復。金融所得課税については当面行わない旨を公表したからなのかもしれません。

ドル円相場 直近高値更新

ドル円も大きく上げてきました。

(参照元:SBI証券

年初来高値を更新しています。112.5円を突破しました。

ユーロ円相場

気になるユーロ円ですが

(参照元:SBI証券

先週半ばには一時、128.5円割れ、これから円高になりそうでしたが・・・

やはり、全戻しとなりましたね。

増税等、大きな政策転換がないと、本流は円安トレンドが続きそうですね。

トレード振り返り 利確しては仕込むの繰り返し

では、トレードを振り返ります。

円高時にユーロ円売りは少し利確できました。

128.5円まで、2000ユーロほど利確できましたが、ここまで戻ってくるなら、もっと利確しておけばよかったと思いますね・・・。

どうしても、下がる時は、もっと下がると思ってしまいますからね・・・。

そして、今回の上昇で仕込んでいます。

130円まで戻るなら、129円では仕込まなければ良かったですが、まあ、わかりませんよね。

ちょっと想定以上に上がっていますので、資金管理には気を付けています。

併せてドル円買いを利確していっています。

ドル円買いはほとんど利確してしまっているので、少しずつですが・・・。

高値を更新したら、また利確したいと思っています。

基本的にはルール通り、トレードできているかなと思います。

ドル円買いユーロ円売り両建ての状況

では、ドル円買いユーロ円売り両建ての状況です。

本当に円安期間が長いですね・・・。

ユーロ円売り耐えるターンが続いています。

ただ、政権が変わったり、恒大集団債務危機問題等、円高に動く要素は突発的に起きますので、その時に、多めに利確したいと思っています。

焦らずルール通り淡々とトレードしていきます。

ドル円買いユーロ円売り両建て戦法解説はSTEP5にて

STEP5「ドル円買いユーロ円売り両建て戦法」
STEP4では「テーマ株投資」ということで、個別株の投資法をご紹介しました。 STEP5は「ドル円買いユーロ円売り両建て戦法」です。 ドル円買いユーロ円売り両建てとは? ドル円買いユーロ円売り両建て戦法とはSTEP2「...

追いかけ注文はやはり厳禁

下がるかと思ったら上がる相場が続いています。

とはいえ、果てしなく上がることもなく、また下げてきますので、焦らずルール通りトレードを続けていきます。

そして、やはり、追いかけ注文は厳禁ですね。

ユーロ円128円台になり、日経も27000円台となったとき、これから暴落が来ると、追いかけて売りを入れた人も多いと思います。

ですが、それは勝率が低いですね。

追いかけて注文するとやはり損をする(損をしないトレードが大事)」でも書いていますが、追いかけて注文すると大体損をしますので、気を付けるようにしましょう。

ではでは。ご不明点はLINE@もお役立てください。

タイトルとURLをコピーしました