週明けは円高・暴落スタート!円高対策のユーロ円売りが利益となってます

ども。投資軍師のかんべえです。

週明けの下落始まりましたね。

ドル円は115円、ユーロ円は117円台まで円高が来ています。

ちょっと振り返りたいと思います。

日経平均500円下げ、ドル円115円と暴落(8月5日~)

先週のトランプ大統領発言を発端に下落トレンドが始まりました。

このように10時頃にはドル円は105円まで下がりました。

日経平均も一時は500円超安になるなど、安倍首相の口先介入も入り、相場はお祭り状態となりましたね。

久々に動きましたね~。

円高対策ユーロ円売りが効果を発揮

さて、投資の方ですが、無事円高につられてユーロ円も下がってきましたので、ユーロ円売りを決済できました。

まあ、レバレッジをほとんどかけていませんので、堅実ですが、130円付近で売っていたユーロ円売り玉を決済して利益を出しています。10円以上値幅が取れると気持ちいいですね。

円高対策のユーロ円売りは「円高対策、株安対策の投資としてユーロ円売りFXは正解でした。」こちらの記事で詳しく書いていますので参考にしてください。

また、口座はいつもの「SBI FXトレード」やはりユーロ円売りのスワップもプラスですし、100ユーロ単位でも取引ができるのが有難いです。

今は円高ですのでユーロ円売りを始めるのは適していませんが、ドル円買いをしつつ、また円安になったらユーロ円売りをしていくという感じで、繰り返していこうと思っています。

まだ、ユーロ円売りは15000ほど残っていますので、しばらく保有しつつ、さらなる円高を待ちたいと思います。

加えてドル円買いですね。「ドル円買いユーロ円売り戦法」でドルを105円台で300ドルずつ買っていってます。どこまで下がるかわかりませんが、下がったら買いで行こうと思います。

米国VIも20に近づく

前回の記事で書いた通り、米国VIの買いもタイミングよく14ポイントで買えています。

米国VI

現在、米国VIは19.2まで上げています。20超えてきたら決済も考えつつ、ショートを入れたいと思いますね。

セルインメイの格言通り「9月第2土曜日の次の月曜日」までにはショートを入れたいなと思っています。

米国VIショート投資法はこちら

やはりレバレッジをかけずに待つのが大事

私のLINE@やTwitter等を見てくれている方はご存知かと思いますが、堅実トレードは暇です。

4月~7月は本当に相場が動かなくて焦れていました。

ですが、レンジ相場を狙ってレバレッジをかけて取りに行ってはやはり危険でしたね。

暴落はいつか必ず起きますから、本当に焦らず、待っていて正解でした。

「投資に見送り三振はない」まさにこの考えで今後も堅実投資を続けたいと思いますね。

参考:1分間バフェットに学ぶ安定相場の過ごし方「投資の世界には見送り三振がない

今夜のNYダウに注目

さて、どこまで下落トレンドが続くのか?個人的には短期的に下がるところまで下がってほしいところですね。

今夜のNYダウに注目です。

最近の傾向では下がったら大きく戻して結局安定相場というパターンも多いですからね。

それはそれで、買っていたドル円等が利益が出てくれるので良いのですが、個人的にはもう少し安値で買っていきたいと思います。

ではでは、引き続き投資を楽しんでいきましょう。