次の暴落に備えて指値注文をならべています。

ども。投資軍師のかんべえです。

本当に安定相場が続いていますね。

相場が動かないとネタもないのですが、今、仕込んでいる買い注文を整理しておきたいと思います。

やはり、いつかは相場は動きますからね。

暴落に備えてしっかりと安値で買うことが大事

ここ数ヶ月安定相場が続いていますね。

ドル円チャートを見てみましょう。

ドル円チャート

3月9日の大暴落&暴騰の後、は105円~109円あたりを安定しており、6月からは106円~107円と、本当にレンジ相場が続いています。

ただ、大きな調整はやはりいつかは来るものです。

特に最近は一瞬の暴落が多いので、安値で買い指値注文を仕込んでおくのはとても大事ですね。

例えば3月9日暴落では101円まで下がりましたが、数日で110円まで戻ってしまいました。

ドル円チャート

このとき、しっかりと買い指値を仕込んでいましたので、値幅10円近く取ることができました。

暴落は怖いですが、チャンスにもなるということですね。

参考:3月9日、ドル円101円暴落時のトレードを振り返る

このような都合のいい短期的な暴落がまた来るのかはわかりませんが、2019年のドル円フラッシュクラッシュといい、最近はこういった一瞬の暴落多いです。

レバレッジを低く、私は買い指値を仕込んでいきます。

以下より、実際の買い指値注文を一部公開しておきます。

ドル円買い指値注文

まずはドル円です。

安値101円~106円まで、500ドル単位で買い指値注文を並べています。

一気に暴落して、またすぐに戻ってくることもありますので、できるだけ安値まで指値は入れておきました。

100円割れも、もちろんありますが、あまりにヤバい状況だと、買い注文を止めたいので、101円までにしています。

レバレッジは2倍以内で、資金管理もしっかり堅実にという感じです。

また、3月9日のような感じで、一瞬の暴落で約定し、高値で利確できればと思っています。

実践中の米ドル投資はSTEP2「米ドル投資」で解説していますので参考に。

ユーロ円売り決済指値注文

円高時に利益を得る手法としてユーロ円売りを実践しています。

こちらは利確のための買い注文を入れています。

116円~121円まで、500ユーロ単位で指値注文を並べて、利確を狙っていきます。

円高の時に利益が取れるという点で、ユーロ円売り戦法は重宝しています。

投資法はSTEP3「ユーロ円売りで円高対策」で解説しています。

南アフリカランド、メキシコペソ

南アフリカランド、メキシコペソも買い指値を仕込んでいます。

まずは南アフリカランド

南アフリカランド指値注文

5.6円~6.2円あたりまで、指値注文を並べています。

南アフリカランドは平常時はレバレッジ1倍、暴落時にのみ大きく買うという堅実な戦略を実践しています。

詳しくはSTEP8で解説していますので参考に

STEP8「南アフリカランド堅実スワップ投資法」
STEP7では「米国viショート投資法」をご紹介しました。 続いては新興国通貨南アフリカランド堅実スワップ投資法」です。 ここからはさらにリスクが高まりますので、中上級者向けです。 より堅実に行くなら、米ドル買いユーロ円売...

続いてメキシコペソです。

メキシコペソ指値注文

3.5円~4.6円まで、原油安の影響で大暴落がありましたので、かなり警戒して注文を入れています。

メキシコペソも同様に平常時はレバレッジ1倍、暴落時に大きく買う投資法で、長期トータルでプラスになるように練っています。

STEP9「メキシコペソ堅実スワップ投資法」
★高金利のメキシコペソにFXで堅実に投資する方法をご紹介 金利は高いが暴落リスクのあるメキシコペソ リスクを下げつつ、利益を得る方法とは?実践している投資法を公開 STEP8では「南アフリカランド堅実スワップ投資法」をご紹介しまし...

VOO(インデックス投資)も指値で仕込んでいます

その他、米国ETFのVOOも指値注文を入れています。

現在300ドルほどの株価ですが、250ドルになったら買えるようにしています。

3月9日のコロナショックで200ドルくらいまで下げていますので、二番底があればさらに下がりそうですが・・・。まあ、そこまで下がらないにしても、250ドルくらいは可能性があるとみて、指値注文を仕込んでいます。

外国株は無期限ではありませんが、4ヶ月先までは指定できますので、ほぼほったらかすことが可能ですね。

参考:インデックス投資は何がおすすめか?楽天VTIは使わない理由

FXなら無期限指値注文ができるのでほったらかしでOK

以上、このような感じで、かなりの安値でまで買い指値注文を入れています。

一時的な暴落が来たらしっかりと安値で買えるようにしています。

私は500ドル単位でやっていますが、資金力に併せて、レバレッジ2倍以内を目安に堅実にトレードするのが良いでしょう。

少額からコツコツするなら1ドルから取引ができる「SBI FXトレード」を使うのがおすすめです。

参考:【SBI FXトレードの評判】なぜおすすめできる口座なのか?利用歴6年が語ります。

FXは「無期限指値注文」ができますので、このように一度指値注文を入れておけば、あとは、動くまでほったらかしで待つことができるのがメリットですね。

そろそろ動いてほしいものです。

以上、少しでもお役に立てれば幸いです。投資はくれぐれも自己責任でお願いします。

LINE相談もやっていますので、お役立てくださいね。