3月9日、ドル円101円暴落時のトレードを振り返る

ども。投資軍師のかんべえです。

皆さん、外出自粛していますか?

感染拡大しないよう、気を付けていきましょう。

さて、コロナショックで経済的にもリスクが高まっているはずなのに、為替や株価がはほとんど動きませんね。

むしろ上昇してきています。

誰もが下がると思ったときは下がらない。本当に相場は難しいものです。

ですので、油断しているとまた大暴落が来ると思います。

次の暴落に備えて、資金管理は十分注意するようにしましょう。

それで、今回は暴落対策として、3月9日の暴落を振り返りたいと思います。

2020年3月9日ドル円は101円まで大暴落。リーマンショック再来か!

3月のドル円相場を見てみましょう。

ドル円チャート

108円台を推移していたのですが、週明3月9日に一気に暴落!

101円台をつけました。

このまま大暴落、リーマンショック時の80円台になるとさえ騒がれていました。

しかし、その後、ドル円は盛り返し、108円、110円と回復してしまいました。

3月9日の米ドル積立投資を振り返る

私は堅実投資のメインとして「FXでドルを積立投資&売買していく」という手法を実践しています。

具体的には

レバレッジ2倍以内

  • 取引単位は300~1000ドルずつ
  • レバレッジは2倍以内
  • 0.2~0.5円下がるたびに買い増しをしていく(指値注文を並べておく)
  • ドル円フラッシュクラッシュ等、一時的に大きく下がったときは多めに買う
  • ドル円が上がるまでスワップ金利を貯める
  • 0.5円~2円ほど上昇してきたら少しずつドル円買いを決済していく
  • 以上を繰り返す

まさに3月9日の暴落は「一時的に大きく下がったとき」です。

当時の約定履歴です。

米ドル買い約定履歴
SBI FXトレード ドル円約定履歴)

このように101円台でも買っていっています。

そして、その後、110円まで回復しましたから、値幅10円近く取ることができました。

トレードとしてはボーナスタイムでしたね。

108円から101円の大暴落でも買うことができたのは「レバレッジを低く保っている」からです。

レバレッジは低いので、利益も確かに小さいですが、このような大暴落をチャンスにできるメリットは大きいです。

長期トータルで利益を得る手法を続けたいですね。

ユーロ円売りも利益を得る

また、3月9日は円高暴落に伴いユーロ円も暴落しました。

ユーロ円チャート

ドル円ほどの暴落ではありませんでした、116円まで暴落しています。

円高対策として「ユーロ円売りで円高対策」もメインで投資しています。ドル円買いと組み合わせた「ドル円買いユーロ円売り両建て

これも有効に機能しました。

ユーロ円売り約定履歴
SBI FXトレード ユーロ円約定履歴)

円安時、120円台で売りを仕込んでおきましたので、利益を得ることができました。

116円台で利確がいくつかできています。

暴落を考えると、このユーロ円売りは結構重要なんじゃないかなと思います。

仮にリーマンショック時のような大暴落が来た時に、利益を上げることができるのは、このユーロ円売りくらいですからね。引き続き、円安時にはユーロ円売りを仕込んでおきたいと思います。

FX口座は「SBI FXトレード」100ドル、100ユーロから取引できる

3月9日の大暴落を振り返りましたが、むしろ、利益を得るチャンスにすることができました。

堅実投資に徹していたからだと思います。

繰り返していますが、大暴落時こそ、堅持投資の大切さを実感しています。

レバレッジをかけていた場合は、ドル円101円ではロスカット、そうでなくても買う力は残っていないわけですからね。

そして、レバレッジを低く投資するためには小lotで取引ができる「SBI FXトレード」がおすすめです。

他のFX口座とは違い1ドルから投資ができます。(他は1000ドル、10,000ドル)

資金力があれば1000ドル単位の口座でもいいのですが、そうでない場合は、1ドルから投資ができる「SBI FXトレード」がおすすめですね。

初心者の方は100ドル単位から、私も300~500ドル単位で取引をしています。

参考:リスク低くFXを始める方法【レバレッジ1倍で毎月100通貨ずつ積立】

大暴落してもレバレッジ2倍に抑えれるようポジションを調整することができますからね。

おすすめ口座をサクッとご紹介」も参考に。

まとめ 次の暴落にも備えていきます。

以上、3月9日の大暴落時のトレードを振り返りました。

本当に今後わかりませんが、まだまだリスクは高い状況です。

ドル円が再び100円割れ近くまで暴落する可能性も十分にあります。

ですので、レバレッジは低く保ちつつ、次の暴落に備えておくことをおすすめします。

私も次の暴落に備え、ユーロ円売りを増やしつつ、ドル円買いの準備をしておきます。

以上、また経過をご報告していきます。

口座開設・公式詳細
⇒SBI FXトレードでレバレッジを低く堅実トレード

関連記事

タイトルとURLをコピーしました