サプライズ金融緩和修正、実質利上げでドル円130円、ユーロ円138円まで暴落!

日銀の金融緩和修正で大幅に円高に!

ども。投資軍師かんべえです。

ようやく動きましたね。

相場とトレードを振り返りたいと思います。

日銀サプライズ金融緩和修正で大幅に円高に!ドル円は130円まで暴落!

10年国債金利の許容変動幅を従来のゼロ%±0.25%から、ゼロ%±0.5%ポイントへ拡大しました。

参考:【号外】日銀のサプライズ緩和縮小、最速解説

まずは日経平均チャートを見てみましょう。

日経平均

参照元:SBI証券日経平均チャート

一気に暴落し、26500円を割りました。

続いてドル円チャートです。

参考:SBI証券ドル円チャート

こちらは130円台前半まで暴落。

前回のブログ「ドル円146円⇒138円への大暴落!【トレード振り返り】」では、CPIの影響で下がりましたが、さらに下げていますね。

ただ、まだ、130円というのは歴史的に見ても高い状況です。ここから本格的な下落があるかですね。

続いてユーロ円チャートです。

参考:SBI証券ユーロ円チャート

こちらも約4か月ぶりに130円台となりました。

ただ、まだまだ高い状況ですね。

いつか調整は必ずあるということ

ドル円長期チャートを見てみましょう。

長い歴史を見ても、やはり、140円、150円台というのは高すぎます。

上がりだすと、どうしても、もっと上がるという人が増えますが、やはりいつかは調整が来ますね。

リアルタイムに体感していると、とても長く感じましたが、こうやって長期チャートをみると、一時的に、異常に、ドル円が高値を付けていたのだと、振り返ると思われると思います。

トレード振り返り ユーロ円売りを利確

では、トレードを振り返りたいと思います。

ユーロ円売りをコツコツ利確

ユーロ円売りのマイナススワップがちょっと高くなってきていますが、ルール通り円安時にユーロ円売りを追加し、円高時に利確するようにしています。

前回のブログでも書きましたが、ユーロ円は147円あたりまで売りを仕込んでいました。

そして、今回の暴落で利確を開始しています。

マイナススワップの清算もしつつですが、利益は5000円ほどですね。

本格的な円高に備えて、利確も少しずつにしています。

ドル円買いも実施

ちょっと方針転換をして、ドル円買いも入れていっています。

長期チャートを見ても、ドル円買いは120円割れあたりかなと思っていましたが、いつになるかわかりません。

ユーロ円売りのマイナススワップも増えてきましたので、相殺するためにも少し早めですがドル円買いを入れていっています。

少しずつ様子見つつ、買いつつ、110円台あたりから本格的に買いたいと思っていますね。

ドル円買いユーロ円売り両建ての状況

ドル円買いユーロ円売り両建ての状況です。

両建て

ユーロ円売りのポジションはまだまだ多く、含み損も多いですが、今回の利確で少し改善しています。

さらに大きく下げてくれればという感じですね。円高対策はばっちりです。

今後のトレード方針

さあ、非常に難しい状況となってきましたね。このまま円高になってくれれば、仕込んでいたユーロ円売りを利確しつつ、ドル円買いを仕込んでいきたいですが・・・。

理想としてはユーロ円売り120円割れあたりでポジションを半分くらいに。ドル円買いは100円割れあたりで大きく仕込みたいです。

その他、南アフリカランド、メキシコペソも下がってきたらコツコツ買っておきたいですね。今はスワップ金利が高いですからね。

ただ、なかなか想定通りにはいかないものですから。また全戻しもあるかもしれません。

いずれにしても追いかけ注文は厳禁で。

株式市場もベア相場が始まるかもしれません。塩漬けのダブルインバース等が利益が出てくれれば、それを元手に、堅実銘柄の買いを入れたいと思っています。なかなか難しそうですが・・・。

引き続き、乱高下が予想されますので、レバレッジは低く、堅実投資で行きましょう。

ご不明点はLINE@もお役立てください。

⇒ドル円買いユーロ円売り両建て戦法解説はこちら

⇒ユーロ円売り戦法におすすめのSBIFXトレードはこちら

初心者の方はSTEP1からお読みください⇒STEP1「まずは金持ち思考を学ぼう」

タイトルとURLをコピーしました