原油先物をCFDで買ってみました。

ども。投資軍師のかんべえです。

原油価格が暴落しています。

そこで、原油先物にちょっと投資してみようと思いました。

原油価格暴落の理由

コロナショックの影響で中国の原油需要が減少⇒ロシア・サウジ減産協定を拒否し増産⇒需要に対して供給過多となり原油価格が急落。

という流れのようです。

米国のシェールガス経済に打撃を与えるためだという見方が有力です。

詳しくは本ブログ「原油価格が暴落している理由とは?」にまとめています。

原油先物価格
(参考:Investing.com 原油先物

歴史的大暴落で1バレル20ドル台となっています。

2016年にの大きく暴落していますが、それに匹敵する暴落となっています。

また、両さんの動画「18年ぶり安値】原油価格が暴落した理由とその影響を解説【社会・トレンド】」も参考になりますのでぜひ。

今後の原油価格の見通し 回復するのか?

さて、今後の見通しですが、例ごとく全くわかりません。

ですが、1バレル20ドル台というのは、どの国にとっても辛い状況なわけです。

であれば、いつか減産協定が進むのではないかと思われます。

とすると、回復する可能性は十分にあるのではないかと思います。

(もちろん、さらに暴落するリスクもあります。)

原油先物にCFDで投資してみました

原油先物に投資する方法としては主に「ETF」と「CFD」があります。

ETFでもいいのですが、信託報酬もありますし、早期償還用件があってよくわからなかったり。ダブルブルのようなレバレッジをかけたものもありますが、これもチャートをみるとダブル以上に大暴落していますし、よくわかりません。

その点、CFDで原油先物に投資するのがわかりやすく、また、コストも低いと判断しましたので、CFDで買ってみました。

口座は「GMOクリック証券CFD」でまずは1lot買ってみました。

原油先物残高

23.8ドルで買って、現在少し含み損となっています。

23ドルの原油先物ですが、GMOクリック証券なら取引単位は×10が1lotとなります。

ですので、230ドル、約25,000円がレバレッジ1倍となります。

20ドル割ってきたらもう少し買って、少し保有してみようと思います。もちろん、レバレッジは低く抑えます。

これも、米国vi同様、価格調整がありますので、あまり長期保有に適したものではありません。(参考:【注意】米国viショートのロスカットレートを80超にしてても安全はない理由

近い将来30ドル以上になるとみて、保有してみたいと思います。

実際の注文方法等は本ブログ「原油先物に投資する方法」の項目を参考に。

こういった大暴落時はチャンスとなりそうなので、期待しています。




追記:原油価格20ドル割れでさらに買い増し

原油CFDポジション残高20202年3がつ

原油価格が20ドルを割りましたので、20ドルで買い指値を入れていた分が約定しました。

現在はリバウンドして少し含み益が出ています。

近々また交渉があるようですが、交渉が決裂すればさらに下落する可能性が高いでしょう。

ただ、現在の原油価格は米国・ロシア・サウジにとっても辛い状況ですので、いつになるかはわかりませんが、回復する可能性があるとみて、もう少し買ってみたいと思います。

レバレッジは2倍以内に抑えていきます。