ユーロ円一時132円突破!ドル円買いユーロ円売り両建てトレードの状況

ども。投資軍師かんべえです。

ユーロ円、円安相場が止まりませんね。

一次、132円を付けるほど上昇しています。

相場とトレードを振り返りたいと思います。

ユーロ円132円をつける

まずは、ユーロ円チャートを振り返ってみましょう。

(参考:SBI証券ユーロ円チャート

一瞬、調整があるかな?と思いましたが、その後、急反発。

直近高値を更新し、132円を付けました。

ビットコインも上がっており、このあたり、リスク資産に連動している感じはありますね。

ドル円買いユーロ円売り両建ての状況

では、メイン手法「ドル円買いユーロ円売り両建て」の状況です。

例のごとく、円安時は次の円高に備えて、ユーロ円売りを仕込んでいきます。

ただ、ドル円は直近の110円高値ほど上がっていなかったので、利確はできていません。

130円後半あたりまで、ユーロ円売りを淡々と仕込んでいたのですが、131円を超えてきてからはちょっと厳しく、0.5円前後間隔で売りを入れています。

最高値は131.9円ですね。

現状は131.4円まで下げてくれているので、なんとか、もう少し下げて、ポジションを減らしたいところですが・・・。

ドル円買いユーロ円売り両建ての損益状況

続いて残高照会です。

ドル円買い12,000ドルに対して、ユーロ円売り81,100と、かなりユーロ円売りの比率が高まっており、あまり余裕がない感じです。

含み損も50万円前後となっており、耐える状況が続いています。

もちろん、ドル円買いや南アフリカランドを利確していっているので、ある程度、カバーはできているのですが・・・。

ユーロ円が140円突破となってくると、厳しいですね。

今後の投資方針

とはいえ、今後も、ルール通り運用していきます。

ユーロ円130円突破!今こそユーロ円売りを追加していきたいですが・・・。」の記事でも書いていますが、客観的に見ると、今が売りを仕込むチャンスではあります。

ですが、危険度も高まっていますので

  • 今後もユーロ円が上がるたびに0.5円間隔あたりで売っていく
  • 140円まで上げてくると厳しいので、135円あたりからは静観。追加資金も入れつつ。待つ。
  • 下がってくれば、130円割れあたりから多めに利確し、ポジションを軽くしておく。

という感じで考えています。

当たり前ですが、完璧な投資法はありませんね。想定外のことは起こり得ます。

レバレッジは低く、想定レンジは広めにとって、トレードしていくことが大切ですね。

まあ、全く暴落がありませんので、そろそろかなとも思うのですが・・・。

ユーロ円売りはスワップがプラスですので、ロスカットがなければ、下がるまでずっと耐えておけるのが魅力の一つです。追加売りは控えめにしつつ、じっくり待ちたいと思いますね。

ドル円買いユーロ円売り両建て戦法 おさらい

現在実践中の投資法です。

ドル円買いユーロ円売り両建て戦法
  • スペックが高くユーロ円売りのスワップがプラスのSBIFXトレードを使う。
  • 一つの口座でドル円買いとユーロ円売りを両建てする戦法
  • 円安時にドル円買いを利確し、ユーロ円売りを仕込む
  • 円高時はドル円買いを仕込み、ユーロ円売りを利確
  • 平常時は両通貨からのスワップ金利を得る
  • レバレッジは2倍以内
  • 相場がどんな状況でも利益を得る

参考:ドル円買いユーロ円売り両建て解説

長年コツコツ利益を得ている手法です。

レバレッジを低く、円高時も円安時も利益を定期いきます。2019年3月コロナショックの暴落時やドル円フラッシュクラッシュ時では、ユーロ円売りで利確し、その後の回復では、ドル円買いを利確していっています。

困るのは今回のように、いつまでも上昇が続いてしまうことですね。ドル円買いの利確ポジションがそろそろなくなりそうですので、ユーロ円売りのみになってしまうかもしれません。

ただ、歴史的に見ても、暴落は定期的に起きますので、その想定で淡々と進めていきます。

FX口座はMATSUIFXでも良し

FX口座の条件としては

  • 100ドル、100ユーロ単位で取引ができる
  • ユーロ円売りのスワップがプラス

これが必要条件です。

今まではこの条件に当てはまるのがSBIFXトレードしかなかったのですが、2021年より松井証券のFXが1通貨取引に参入してきました。

松井証券FX 新規口座開設獲得プロモーション

そして、このMATSUIFXはスワップも高く、ユーロ円売りのスワップもプラスになっています。

画像

(参考:MATSUIFXスワップカレンダー

どちらの口座でも運用可能です。スペックも大きく変わらないので、お好みで選択してください。

⇒MATSUI FX公式はこちら

まとめ

円高トレンドがなかなか来ませんが、ここは耐え時ですね。

投資は長期になればなるほど勝率が高まりますので、焦らず、じっくりチャンスを待ちたいと思います。

レバレッジは低く、引き続き堅実投資に努めていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました