ユーロ円130円割れる。ようやく長い円安との戦いに勝利か!?(2021年11月16日)

ユーロ円が久々に129円台を付けました。

ども。投資軍師のかんべえです。

本当に円安、リスクオン相場が長いですね・・・。

ここまで長いのは今までもなかなかありませんでした。

ですが、ようやく少し調整。トレードを振り返りたいと思います。

ユーロ円129円台へ ようやく調整か

まずはユーロ円のチャートを見てみましょう。

ユーロ円2021年11月

参考:SBI証券

一時、133円まで上昇していたユーロ円ですが、ようやく下がってきました。

129円台を一時つけています。

本当に長いなと思いましたが・・・・長期チャートも見てみますと

歴史的に見ても、大して異常な状態ではありません。

金融緩和で確かに円安が続いているのですが、そういうときもあるかなくらいなものです。

ついつい、トレード直近の値動きに右往左往してしまいがちですが、そんな時は、10年くらいの長期チャートを見て、落ち着くことが大事ですね。

とはいえ、今後も円安になりそう リスクオフにはなっていない

ユーロは下がってきたのですが、日経平均も依然として3万円近辺を推移していますし、ドル円も高い状況です。

ドル円チャートです。

ドル円チャート11月

参考:SBI証券

114円台を推移しており、リスクオン、株価高・円安が続いています。

これからも補助金・バラマキ政策がつづくとのことですので、まだ大きく跳ね上がるかもしれません。

ユーロ円売りも早めに利確し、次の上昇に備えたいですね。

円高対策ユーロ円売り トレード振り返り

では、トレードを振り返りたいと思います。

前回のブログ「調整ターンはいるか?。トレード振り返り(2021年10月18日~24日)」では、かなりユーロ円りを仕込み、含み損も増えている状況でした。

ドル円買いユーロ円売り両建て
(2021年10月24日)

少し利確した後ですがユーロ円売りは9万ユーロにも膨れており、含み損も50万超と苦しい状況でした。

その後、130円割れまで下落。利確をしていきました。

500ユーロずつコツコツ利確。まだ利幅は小さいですが、ポジションを減らすことができています。

ドル円買いユーロ円売り両建ての残高

では、ドル円買いユーロ円売り両建ての残高照会です。

ユーロ円売りは87,700まで減らすことができ、含み損も30万円台まで抑えられてきました。

正直、もう少しポジションを軽くしたいところですが、大分余裕ができた印象です。

ほっと一安心とまではいきませんが、良かったです。

反省点

今回は想定レンジを見誤りましたね。しばらく120円台が続き、上がっては下がりを繰り返していましたので、130円あたりが天井と思い、売りを多くいれてしまいました。

そのため、133円まで上昇した時はほとんど仕込めず。下がるのを待つしかなくなってしまいました。

この点、もう少し、想定レンジを広く、欲張らず、堅実に行きたいところですね。

今後の見通し トレード方針

正直、もう少し下げてほしいところです。129円割れあたり、ポジションも7万ユーロくらいまで下げたいですが・・・。

上述した通り、また大きな反発があると思いますので、その時またしっかり売りたいですが、131円を超えてから売りを入れ始めるくらい、想定レンジは広めに行きたいと思います。

円高対策ユーロ円売り 手法解説

実践中の円高対策ユーロ円売りはSTEP3で解説していますので、参考までに。

STEP3「ユーロ円売りで円高対策」
STEP3ユーロ円売り円高対策投資法を解説 円高時に利益を得る手法として長年続けている手法です STEP3は円高対策ユーロ円売り手法です。 円高に備えて、FXでユーロを売って円を買っておきます。(ユーロ円シ...

ユーロ円売りは円高になるまでじっくり長期保有しつつ、スワップも貯めることができますので、円高対策として評価しています。

引き続き全戻し警戒

ようやく調整があり、利確ができ良かったです。

ですが、また全戻しもあるかと思いますので、引き続きレバレッジを低く、想定レンジを大きくとり、相場に併せてトレードしていきたいと思います。

ではでは、引き続き堅実投資に努めましょう。

ご不明点はLINE@もお役立てください。

タイトルとURLをコピーしました