ドル円爆上がり!一気に106.9円まで。利確ターンに入ります。

円高下落トレンドも終わりか?ドル円は一気に106.9円まで跳ね上がりました!

ども。投資軍師のかんべえです。

いや~、本当に何が起こるかわかりませんね。

簡単に相場とトレードを振り返ってみます。

8月13日22時40分ごろ ドル円急回復!

ドル円は105円を割るところまで動いており、円高下落トレンドが続くものかと思っていました。

しかし・・・

一気に107円近くまでの暴騰を見せましたね・・・!!!

どうやらトランプ大統領対中制裁を延期するとの報道によるものらしいです。

「中国からの輸入品の一部に対する関税を12月15日まで延期する」
ブルームバーク

トレードを振り返る。安値で買えたのは正解

さて、トレードですが、105円近辺でコツコツ買っていました。

前回の記事「円高トレンド突入!実践中の300ドル単位の米ドル積立投資法について」でも書きましたが、先週からドル円をひたすら買っています。

ゆえにこのまま上がってくれれば、それはそれで利確ターンとなり、稼げるわけですね。

ドル円買いユーロ円売り戦法」では、ドル円買い決済、ユーロ円売りのポジションを増やすターンになっていくかと思います。

しかし、まだどちらに動くかはわかりませんが・・・

米国VIも決済 売りを逃す・・・

米国VIも買いを決済しました。

ショートも入れたかったですが、すでに18ポイントまで下げており、追いかけての売りは怖いので、しばし様子を見たいと思います。

このままどんどん上昇トレンドに行ってしまうこともあるかもしれませんが、それはそれで仕方がありません。

「損をしない」ことが何より大切ですからね。

まあ、急に暴騰したので、戻り調整があると思います。そこで、米国viを20前後で売りたいと思っています。

今回の教訓 追いかけて売ってはだめ

さて、ドル円ですが、円高トレンドとなっていましたので、私は原則通りドル円買いをひたすら続けていました。(米ドル積立投資法詳細はこちらで ⇒米ドルFX積立投資をはじめてみます。~外貨積立におすすめ~

しかし、中には下落トレンドにのっかろうと追いかけてドル円ショートをしてしまったトレーダーの方も多いのではないでしょうか。

私も昔、レバレッジをかけた短期売買をしていたときは追いかけての売りとか買いとかしてしまっていました。

しかし、追いかけて売ると、大体、逆方向に噴射を食らいます。

今回のケースまさにそうですよね。どんどん下落する雰囲気はありましたが、やはり、追いかけてはいけませんよね。

順張り投資をするにしても「押し目を買う」「戻りを売る」の基本は外さない方が良いでしょう。

まあ、時には調整なく上がり続けるときもあるんですけどね・・・・

でも、損をしないということが達成できればそれは合格点でしょう。

今後の見通しですが例のごとくわかりません。このまま上がるなら安値で買えたドル円や南アフリカランド円を決済しつつ、ユーロ円売りを増やしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました