安定相場・レンジ相場の過ごし方

ども。投資軍師のかんべえです。

最近本当に相場が動かずネタがないのですが、安定相場の過ごし方について、改めて考えてみたいと思います。

最近の相場の状況

特に為替ですが、全く動きません。

ドル円チャートを見てみましょう。

106円~109円のレンジでヨコヨコトレンドが続いています。

ドル円トレードの状況

ドル円トレードの状況も見てみましょう。

5月あたり、106円で円高になっていましたので、買いを仕込むことができました。

6月には109円まで上がりましたので、利確はできています。

しかし、大きくは上がらず、また下がってきて、現在は107円台。

利益は小さいですが、コツコツ増やしていきます。

ドル円積立投資について「STEP2」で解説していますので参考に。

STEP2「米ドル投資」
バビロンの大富豪にも書かれている通り、収入の10%を投資に充てていきます。それでまず何から投資をするか、私はFXで堅実に米ドルを買っていきます。

安定相場の過ごし方 焦れてレバレッジをかけてはいけない

やはりこれだけしか相場が動かないと、利益は小さいです。

確かに、もう少し、取引数量を増やし、レバレッジを上げて、1円以内の値幅売買すればもっと利益を得ることができたでしょう。

しかし、レンジ相場はいつか終わります。

特に、コロナショックから、大きな調整がなく、上がり続けていますので、そろそろ暴落が来てもおかしくない状況です。

ここで、焦れて、レバレッジをかけてしまうと、暴落の時に何もできなくなってしまいます。

3月9日、ドル円101円暴落時のトレードを振り返る」でも書いていますが、暴落時にしっかりと余裕を持って買えることが大事です。

堅実トレードに徹すれば、10円の利幅を取ることも夢ではありません。

歴史的に見ても暴落は必ず来ますので、ここは焦らず、いつもの取引数量でコツコツ売買するのが良いでしょう。

スワップ狙いで積立を増やすのはありか?

レンジ相場で嬉しいのがスワップ金利です。

持っているだけでスワップ金利が増えてくれますので、金利の高い通貨を持っておきたいところです。

世界的に利下げの傾向が続いていますので、利回りは低くなっていますが、南アフリカランドやメキシコペソのスワップ金利は比較的高いです。

しかし、ここで積立額を増やすのは得策ではありません。

STEP8「南アフリカランド堅実スワップ投資法」STEP9「メキシコペソ堅実スワップ投資法」でも書いていますが、金利の高い通貨は定期的に暴落が起きます。

平常時に買いを増やしてしまいますと、暴落時に買うことができなくなってしまいます。

長期トータルで勝つためにはじっくり待ち、暴落時に買えるようにしておく必要があります。

もちろん、レンジ相場時だけ、買いポジションを増やし、暴落が来たら、即損切、ができるのであれば、良いかもしれません。

しかし、損切りは本当に難しいです。損切りした後、すぐ上がってしまうと、また買ってしまったりするかもしれません。

それより、暴落時来たら、後出しで安値で買う方が、勝率が高まると思います。これはその人の投資スタイルによりますね。

私は損切が苦手なので、損切りしなくていいトレードに徹しています。

STEP8「南アフリカランド堅実スワップ投資法」
STEP7では「米国viショート投資法」をご紹介しました。 続いては新興国通貨南アフリカランド堅実スワップ投資法」です。 ここからはさらにリスクが高まりますので、中上級者向けです。 より堅実に行くなら、米ドル買いユーロ円売...
STEP9「メキシコペソ堅実スワップ投資法」
★高金利のメキシコペソにFXで堅実に投資する方法をご紹介 金利は高いが暴落リスクのあるメキシコペソ リスクを下げつつ、利益を得る方法とは?実践している投資法を公開 STEP8では「南アフリカランド堅実スワップ投資法」をご紹介しまし...

米国viショートはありか?

安定相場が続くとVIXのあたりは下がり続けます。

そこで、米国viのショートポジションを持っていれば、少しずつ含み益は増えていくでしょう。

ただ、これも、暴落が来たら即損切できるようにしておく必要があります。

未だに、GMOクリック証券はショート規制がかかっていますので、今はできない手法にはなりますが。

STEP7「米国viショート投資法」
STEP6では「米国株投資」ということで米国株に投資する方法をご紹介いたしました。 続いては米国vi投資です。 米国viとは? 米国viとは投資家の恐怖指数である「VIX指数」の先物に連動する商品です。 (出典元:VIX指数...

稼ぐのは動いてからで良し

安定相場は基本は何もしなくていいです。

じっくり動くのを待ちながら、スワップ金利を貯めておけばいいでしょう。

どうしても投資に刺激を求めてしまう人が多く、今なら大丈夫と思って、レバレッジをかけて取引をしがちですが・・・。そういう時に限って暴落が来ます。

やはり、レンジ相場が長いなと感じ出したら、そろそろ終盤なのだと思いますね。

投資の旅は長いです。人生が終わるまで続くかもしれません。

ですので、焦らず、チャンスが来たときだけトレードをするようにして、後は、読書をしたり、仕事や交友、副業に集中して、相場を忘れることも大事だということを意識しておきましょう。