南アフリカランドが6.6円まで回復!暴落時こそ買う堅実投資法を継続

ども。投資軍師のかんべえです。

本日、二回目のブログ更新です。

大統領選挙で株価が高騰していますが、併せて南アフリカランドも上昇しています。

私も長年「南アフリカランドスワップ投資」を続けていますので、嬉しい限りですが。

こちらも相場とトレードを振り返っていきます。

南アフリカランドが6.6円まで上昇。やはり回復のある通貨

では、南アフリカランド円のチャートを見てみましょう。

南アフリカランド

今年1年のチャートですが、7円台から3月のコロナショック、原油ショックで5円台へ。

そして、戻しつつ、現在は6.6円まで回復しています。

南アフリカランドは暴落もありますが、暴落後の戻りも、割としっかりある通貨ですので、投資がしやすいです。

トルコリラは下がりっぱなしですので、ランドは今金利通貨の中でも、優秀な通貨と言えるでしょう。

金利も下がっていますが、3.5%を維持しており、スワップ投資としても魅力のある通貨です。

トレード振り返り 南アフリカランド堅実投資法

では、トレードを振り返ります。

南アフリカランドは以下の投資法を実践しています。

南アフリカランド堅実投資法
  • レバレッジは2倍以内に抑える
  • 相場安定時のレバレッジは1倍以下
  • 取引単位は2,000~3,000ランド
  • 南アフリカランドの価格が下がれば買い、上がれば少し売りつつスワップ金利を貯めていく
  • 暴落時には大きく買い、レバレッジ2倍まで上げる
  • 暴落後の戻りを売りつつ、レバレッジ1倍以下に下げ、次の暴落を待つ
  • 以上を繰り返しつつ、資産を増やしていく

⇒STEP8「南アフリカランド堅実スワップ投資法」

以上のような投資法を実践しています。

3月の5円台に暴落したときはまさに「暴落時に大きく買い」を実践しました。

参考:暴落中の南アフリカランドを5円台で買ったのは正解か?投資振り返り(4月6日~10日)

そして、しっかりと戻りがありましたので、利確しつつ、保有を続けています。

本当は7円台まで回復してほしいところですが・・・。

これまでの取引履歴を見ますと

旧口座の状況(SBI FXトレード)

まずは、旧口座の状況ですが

5円台暴落時にしっかり買い。

6円台でコツコツ利確していっています。

現在の残高は

まだまだ含み損は多いですが、スワップを加味すると、もう少しで利益が出ます。

コツコツ利確しつつですので、まあ順調と言えるでしょう。

こちらは、FXを始めた当初「SBI FXトレード」を使っていたのですが、現在は徐々にスワップの高い「LIGHT FX」に切り替えていっています。

参考:南アフリカランドスワップ比較表

こちらはルールを作ってから始めましたのでさらに順調です。

新口座の状況 LIGHT FX

新口座の状況です。

 

平常時はレバレッジ1倍、暴落時にしっかり買う投資法の元、平均取得単価は5円台となっています。

そして、利確

6.6円で利確を増やし、次の暴落をスワップを貯めながら待つという感じですね。

やはり、長期トータルで勝つためには、このくらい堅実にするのが良いのではないかと思います。

今後の投資方針、見通し

現状、大統領選挙の影響か、量的緩和の影響か、リスクオンで南アフリカランド円も上昇しています。

ですが、追加で買うことはしません。上がっているときは利確しつつ、次の暴落に備えて、レバレッジを低くしておきます。

また、6円割れあたりまで暴落したらしっかり買って、買いポジションを増やす予定です。

もちろん、そのまま、7円、8円と回復してしまうかもしれません。

ですが、それはそれでOKです。

追いかけて買うとリスクが高いです。「損をしない」を優先してトレードしていきます。

南アフリカランド堅実投資法はSTEP8を参考に

STEP8「南アフリカランド堅実スワップ投資法」
★政策金利3.50%高金利の南アフリカランドに堅実に投資する方法をご紹介 金利は高いが暴落リスクのある南アフリカランド リスクを下げつつ、利益を得る方法をご紹介します。 STEP7では「米国viショート投資法」をご紹介しました。 ...

※記事のご不明点、初心者の方は、LINE@相談もお役立てください。