レバナス長期積立投資はおすすめできない理由 減価する仕組みを解説

ども。投資軍師かんべえです。

今回は最近流行の米国株価指数のレバレッジ型投資信託​である「レバナス」について書きたいと思います。

レバナスとは?​

NASDAQ100指数」の2倍の値動きを目指す米国のレバレッジ型投資信託​です。​

iFreeレバレッジ NASDAQ100楽天レバレッジNASDAQ-100が有名​で、楽天証券等から購入可能​です。

  • 堅実な米国指数に積立ができ​る
  • かつ、2倍の値動きで、リターンも高い​
  • ローリスクハイリターンとして、人気急上昇中​

投資系インフルエンサーがおすすめしていたことも後押しとなり、人気が高まっています。

レバナスをおすすめできない理由

ただ、堅実投資、長期投資の観点からはおすすめできません。

おすすめできない理由は以下の通りです。

  1. 下落相場はもちろん上下動のヨコヨコ相場でも減価していく
  2. 信託報酬が高い​
  3. 繰り上げ償還の可能性(大暴落時)

基本的に「レバレッジ」がかかっているものは、やはり、長期投資には向いていません。

ヨコヨコ相場で減価していく理由

極端な事例ですが、NADAQが100⇒90⇒100と戻るケースを見てみましょう。

下落率 5月24日 5月25日 5月26日
NASDAQ 10% 11.11%
レバナス 20% 22.22%
株価 5月24日 5月25日 5月26日
NASDAQ 100 90 100
レバナス 100 80 97.78

このようにNASDAQは元値に戻っていますが、レバナスは97.78と、元値には戻っていません。

これが減価する理由です。

また、長く上下動のヨコヨコ相場が続いてしまうと・・・

NASDAQ レバナス NASDAQ率 レバナス率
5月24日 100 100
5月25日 90 80 10.000% 20.000%
5月26日 100 97.78 -11.111% -22.222%
5月27日 90 78.22 10.000% 20.000%
5月28日 100 95.60 -11.111% -22.222%
5月29日 90 76.48 10.000% 20.000%
5月30日 100 93.48 -11.111% -22.222%
5月31日 90 74.78 10.000% 20.000%
6月1日 100 91.40 -11.111% -22.222%
6月2日 90 73.12 10.000% 20.000%
6月3日 100 89.37 -11.111% -22.222%
6月4日 90 71.50 10.000% 20.000%
6月5日 100 87.39 -11.111% -22.222%
6月6日 90 69.91 10.000% 20.000%
6月7日 100 85.44 -11.111% -22.222%
6月8日 90 68.36 10.000% 20.000%
6月9日 100 83.55 -11.111% -22.222%
6月10日 90 66.84 10.000% 20.000%
6月11日 100 81.69 -11.111% -22.222%
6月12日 90 65.35 10.000% 20.000%
6月13日 100 79.87 -11.111% -22.222%
6月14日 90 63.90 10.000% 20.000%
6月15日 100 78.10 -11.111% -22.222%

極端な事例ですが、どんどん減価していくわけです。

つまり、NASDAQが将来定期に上がるとしても、下落相場やヨコヨコ相場が長く続いてしまうと、回収が難しくなるわけです。

これは、ダブルインバース等、他のレバレッジ型ETFでも同様なことですね。

信託報酬が高い

レバレッジ型ETFは信託報酬も高くなります。

銘柄名 信託報酬 純資産総額
楽天レバレッジNASDAQ-100 0.77% 226億円
iFreeレバレッジNASDAQ100 0.99% 1,398億円

年間平均して0.77%以上の利回りを出さないとマイナスになってしまいますので、これも、投資のタイミングを間違えると、回収が難しくなりますね。

繰り上げ償還の可能性(大暴落時)

また、投資信託ですので、繰り上げ償還の可能性もあります。

  • 受益権の口数が10億口を下回ることになった場合​
  • やむを得ない状況​

こちらは現在の状況では可能性が低いです。

ただ、歴史的な大暴落があった場合等、運用不可能になることもあり得ます。

暴落時に償還となってしまうと、強制的に損切させられるわけですから、積立投資の意味がなくなってしまいます。

レバナスが長期積立投資に向かない理由まとめ

恐らく繰り上げ償還が起きる可能性は低い​と思いますが、長年かけて相場が下落する可能性、ヨコヨコで停滞する可能性は十分あります。

特に米国市場は、今まで、金融緩和相場で上げてきていますので、そろそろリセッションが始まるのではないかと言われています。

もちろん、5年先、10年先は、今より大きく成長している可能性が高いと言われていますが、それまで、停滞、下落相場が長年続いてしまう可能性もあるわけです。

そうなると、減価が続き、ナンピン塩漬けとなり、回収するにはまた何年も上がり続けなければならなくなるわけです。

ちなみに、こういった商品が今出ている理由は、今、株価が高いからですね。本当は低い時に買っておけば儲かるのですが、低い時は逆にVIX等の商品が人気となるので、VIX関連のETFが増えたりしますね。

レバナスの投資戦略

では、レバナスは投資してはいけないのか?

決してそういうわけではなく、投資のタイミングが大事であると思います。

  • 今後、下落相場が長く続かず、上昇が続いて行くなら積立はあり
  • 大暴落後の戻りを狙って買う

こういった戦略であれば、勝率が高いと考えられます。

ただ、今後も、米国市場の上昇が続ていくかどうかは、正直ギャンブル的な投資法になってしまいます。それより、減価の少ない、レバの無いETFを現物買いした方が良いでしょう。

投資をしてはいけない商品を見分ける方法

STEP1「まずは金持ち思考を学ぼう」でも書いていますが

  1. よくわからないものに投資をしない​
  2. 早く簡単に稼ごうとしない​(レバレッジをかけない)
  3. 周りが貪欲になっているときは慎重に​
    (誰かが買えと言ったから、買うのはNG)

この原則を意識して、投資判断するのがおすすめです。

なぜ2倍の値動きができるのか?正確に理解している人は少ないでしょう。

また、やはり、ウォーレンバフェットも言う通り、レバレッジがかかっている時点で、長期投資・メイン投資にはしづらいですね。

レバレッジがかかっているという点から早く簡単に稼げるのではないか?という思いもあると思います。

そして、今、多くの人が貪欲になっているので、慎重にすべきですね。

メインで投資をすべきものは?​

メインで投資をすべきものはやはり

長期で保有が可能。上がる(勝つ)まで待てる商品

ですね。

その点、レバレッジをかけないインデックス投資の方が良いでしょう。

また、私がメインで実践している、米ドル積立投資ドル円買いユーロ円売り両建て等、参考に。

もちろん、これも前提が崩れる可能性はあります。

FXで米ドル積立投資を1年間続けてみた結果【全約定履歴を無料公開中 2022年4月更新】
★FXで米ドル円(USD/JPY)をレバレッジを低く、コツコツ積立投資していく堅実投資法を1年続けてみた結果をブログにてご報告します。(約定履歴無料公開中)低レバレッジで積立FXを実践しました。
FX両建てはドル円買いユーロ円売り両建て戦法の方がおすすめできる。
★円高時も円安時も平常時も利益を得る 「ドル円買いユーロ円売り両建て戦法」をご紹介します。 レバレッジをかけたトレードでロスカットされてばかりの方 両建てでリスクを低く堅実...

以上、引き続き堅実投資に努めましょう。

ご不明点はLINE@もお役立てください。

 

動画解説も参考に

タイトルとURLをコピーしました