メキシコペソは利下げ(4.25%)下落後からの反発で今後はどうなる?

メキシコペソは利下げとなりました。(4.5%⇒4.25%)

メキシコペソ円は5円台から4.65円まで下落後反発。

ども。投資軍師のかんべえです。

今回はメキシコペソについて、相場とトレードを振り返ってみましょう。

メキシコ政策金利は利下げ

メキシコ政策金利は予想通り利下げとなりましたね。

メキシコ中銀、0.25%利下げ 11会合連続
【メキシコシティ=宮本英威】メキシコ銀行(中央銀行)は24日、金融政策決定会合を開き、政策金利を0.25%引き下げて4.25%にすることを決めた。利下げは11会合連続。2016年9月の水準に並んだ。

コロナの影響でまだまだ経済不安が大きいとのことから、利下げを行い、市場の活性化を図っているようです。しばらくこの流れは続きそうですね。

メキシコペソ円チャートを振り返る

ではここ数日のメキシコペソ円チャートを振り返ってみましょう。

メキシコペソ円チャート0925
SBI証券メキシコペソ円チャート

メキシコペソ円チャートですが動いています。

5円台で安定したのですが、ここ数日、下落が始まり、一時は4.65円まで下落しました。

金利発表後は少し反発をして、現在は4.7円台となっています。

トレードを振り返る

では、トレードを振り返ってみましょう。

メキシコペソ投資は「STEP9「メキシコペソ堅実スワップ投資法」」で解説していますが、以下のルールで実践しています。

メキシコペソ堅実スワップ投資法
  • レバレッジは1倍~2倍以下に抑える
  • 取引単位は2000ペソずつ
  • 平常時はレバレッジ1倍以下
  • 暴落があったときに大きく買う(レバレッジを2倍に近づける)
  • 暴落後の戻りを売り、レバレッジを1倍以下にする
  • 以上を繰り返しつつ、スワップ金利も貯めていく

STEP9「メキシコペソ堅実スワップ投資法」

「平常時はレバレッジ1倍以下」「暴落時こそ大きく買う」

ということで、5円台では、レバレッジ1倍以下。

4.65円までの小暴落で買いを始めています。

とはいえ、買えたのはこれだけです。少し控えめすぎたかもしれませんね・・・。

メキシコペソ指値並べる

このように指値の準備は完了しています。4円割れの大暴落も視野に入れています。

暴落時にしっかり買えるように現状はあまり買っていませんが、まあ、焦らず行こうと思います。

現在のポジションですが

メキシコペソ残高0925

このようになっています。

現状は資金は30万円。ポジションは72,000ペソですので、約35万円。レバレッジは1倍ちょっとという感じですね。

今後も方針を変えず、暴落まで、ひたすらじっくりスワップを貯めていきます。

メキシコペソはレバレッジを上げるな!暴落&下落トレンド

メキシコペソのオープンチャットもやっていますが、多くの人がハイレバレッジです。

もちろん、それでうまくいけば大きく利益を上げることができるのですが、ハイレバレッジでするなら、安定する米ドル円の方が良いと思います。

なぜなら、メキシコペソは定期的に「暴落」がありますし、長期的に「下落トレンド」だからです。

メキシコペソはインフレ率も4%前後と高くなっていますので、大きな変化がない限り、どんどん下げ続けるわけです。いつか元値に戻ると思って耐える作戦は危険です。

メキシコペソ円チャート2020年

では、どうすればいいか?ですが、長期チャートを見ると暴落後に戻りがあります。

ですので、暴落時こそ大きく買うことでトータルでプラスになる可能性が高いと考えられるわけです。

暴落時に大きく買うためには?

平常時はレバレッジをかけないことがおすすめです。

というわけで現在の投資法を実践しているというわけです。もちろん、勝てる保証はありませんが・・・。

あくまで、私の堅実手法ですので、自己責任・自己判断で、ご自身に合う投資法を得るのが一番だとは思います。

メキシコペソ投資は「STEP9「メキシコペソ堅実スワップ投資法」」で解説しています。

LINE@相談もお役立てください。