ユーロ円売りを約9000ユーロ仕込みました。【ユーロ円急騰!円高対策投資】

ユーロ円が120円近くまで高騰しています!

ども。投資軍師のかんべえです。

ユーロ円が上がってきましたね!

現在は119.5円近辺です。

円安になってきたときはドル円買い利確&ユーロ円売り追加のターンです。

では、トレードを振り返ってみたいと思います。

ユーロ円が高騰中 120円突破は間近か

まずはチャートを見てみましょう。

ユーロ円チャート2020年6月

(出典:SBI証券

ユーロ円チャートですが、2020年5月、最安値114円までの暴落があったのち、反転しています。

現在は119円超。120円も見えてきました。

ユーロ円売りを約9000ユーロ仕込みました

円安時は、仕込んでいおいたドル円買いを利確しつつ、次の暴落に備えて、ユーロ円売りを仕込みます。

トレード履歴を見てみましょう。

ユーロ円約定履歴

正直、119円まで上がってくるとは思っていませんでしたので、かなり多くユーロ円売りをいれてしまいました。

約9000ユーロ、日本円で100万円ほどユーロ円売りを入れています。

ユーロ円残高です。

ドル円買いユーロ円売りの残高です。

ユーロ円は25900ユーロほど保有できています。

ドル円がユーロ円の上昇の割にあまり上がってこないので、つらいところですが・・・

次の暴落時に、利確を多くできたらいいと思っています。

ただ、このまま120円、125円と上がってくるかもしれません。

レバレッジは抑えていますが、急騰時にロスカットされないように、資金管理には十分注意したいですね。

恐らく、ユーロ円だけ急騰ということはあまりなく、連れてドル円や他の新興国通貨も上がるので、ロスカットはないと思いますが。

このように円安時に毎回ユーロ円売りを仕込み、次の暴落で利確していっています。ユーロ円売りは現在のところスワップ金利もプラスなので、長期保有も問題なくできるのが魅力ですね。

詳しい投資法はSTEP3にて

参考:STEP3「ユーロ円売りで円高対策」

今後の見通し 夏枯れ相場があると思うが・・

さて、ユーロ円の今後の見通しですが・・・

夏枯れ相場で8月~9月あたり、また暴落があるかと思っていますが、近々米中関係悪化による暴落もあるかもしれませんね・・・・。

ドル円フラッシュクラッシュのような、短期的な暴落があると、ユーロ円を利確しつつ、また、ドル円を安値で買えるので嬉しいですが、果たして。

とにかく堅実に、レバレッジを低く、トレードを続けていこうと思います。

投資法は記事参考に

STEP3「ユーロ円売りで円高対策」
STEP2「FXでドルを積立投資&売買していく」では米ドルFX積立投資法をご紹介しました。 続いて私が実践している投資は「ユーロ円売りで円高対策」する方法です。 米ドル積立投資は円安ドル高時は稼ぐことができるのですが、円...