円高・株安トレンド突入か?ユーロドル上昇中で両建て戦法が苦境に

ども。投資軍師のかんべえです。

動き出しましたね!

日経平均22000円割れ、ドル円104円前半と円高株安が始まっています。

一方、リスクヘッジのためのユーロ円が強く、ドル円買いユーロ円売り戦法がうまく機能していない状態です。

現在の状況、トレード方針をまとめたいと思います。

日経平均22000円割れ、ドル円104円前半

やはり、コロナ不安でしょうか。投資ファンド決算による、夏枯れ相場でしょうか。

日経平均が下落を始めています。


(参照元:SBI証券日経平均チャート)

日経平均は22000円を割っています。

続いてドル円も見てみましょう。

ドル円チャート

105円割れ、104円前半まで暴落しています。

そろそろ来ると思っていましたが、夏枯れ相場、大きな調整が始めってきているようです。

しかし、ユーロ円が強い

円高時はユーロ円売りを利確し、ドル円買いを仕込む「ドル円買いユーロ円売り両建て戦法」を実践しているのですが・・・

ユーロ円

ユーロ円がなかなか下がってきません。むしろ上昇しており強い状況です。

現在の状況が米国の経済悪化を反映しているものによるのか、ドルが単独で弱い状況が続いているようです。

ユーロはコロナ経済対策を始めており、それが好感してか、最近のユーロは強いです。

ユーロドルチャートを分析

ただし、まだ異常事態というほどではないと判断しています。

長期ユーロドルチャートを見てみましょう。

ユーロドルチャート

こちらはユーロドルチャートです。

現在はドルが弱く、ユーロが強く、1ユーロが1.2米ドルくらいになっているわけです。

ですが、長期チャートを見てみても、それほど異常事態とは思えません。

2018年はユーロ円は130円くらいありましたので、こういった、ドル円買いユーロ円売りが苦しい局面もあるかなと思います。

今まで、ちょっと歴史的に見てもユーロが弱かったですね。

予想外の事態が起こり得ますが、現状は歴史的に見ても通常の範囲内で、リスクオフとなれば、円が強くなり、ユーロ円も後追いで下がってくるのではないかと思われます。

つまり、現在の状態がユーロがドルに対して強くなっているという感じですね。

円よりユーロの方が安全資産として評価が高まっているかというと、そこまでではないと思います。

とりあえずルール通りトレードしていきます

投資こういったイレギュラーな状態は起きますので、レバレッジは低くしないといけないですね。

とりあえず現状はルール通り、ドル円買いユーロ円売りを続けていっています。

2020年7月31日現在ですが、残高損益はこのようになっています。

ちょっとドル円、ユーロ円、両方からの含み損はきついですね。下がってくるとは思いますが。

レバレッジを低く、引き続きルール通り実践していきます。

ドル円買いユーロ円売り両建て戦法解説はこちら

その他、インバースや米国viなど

また大きな暴落が来るのか?ということで、懲りずにインバース買ってます。

ちょっとギャンブル投資ですが、米国vi買いも。

相場が荒れてきそうですので、資金管理には十分に気を付けて。

引き続き堅実投資で行きましょう。