ドル円103円台へ!ルール通り買い増ししていきます。【トレード振り返り・今後の方針】

ども。投資軍師のかんべえです。

大統領選挙なかなか終わりませんよね。

そして、バイデン氏がリードしているにもかかわらず、株価は急騰中です。

一方、ドル円は103円台と、難しい相場になっていますね。

トレードを振り返ってみます。

11月5日米ドルが売られ103円台へ

米ドルの価格が下がっています。

ドル円チャートを見てみましょう。

かなり久々に103円台を付けています。

ですが、日経平均は急上昇

その他、南アフリカランドやメキシコペソ等も大きく上げています。その他、ビットコインも上げていますね。

ユーロ円は円高につられて少し下げていますが、そこまで下がっていません。

ドルが単独で弱い感じになっています。

株価は上がっているので「リスクオン」な状態です。

にもかかわらず、ドルが下がっています。

やはり金利の影響もあるかもしれませんね。リスクの低い通貨とされて、下げているのかもしれません。

少し難しい状況です。

トレードを振り返る 淡々とドルを買っていきます。

とはいえ、ドルは歴史的に見ても下がっては上がるを繰り返しています。

トレードを振り返ってみます。

このようにルール通り、103円台で買っていっています。

500ドルずつ、コツコツとレバレッジは2倍以内を目安に買い増しをしています。

下がっているときに買うのは非常に勇気がいりますが、多くの場合、安値は短期間である場合が多いので、チャンスと見て、ルール通りに買っていきます。

手法をおさらいしますと

米ドル投資堅実投資法
  • レバレッジは2倍以内
  • 取引単位は200ドル~1000ドル(資金力に合わせる)
  • 最小取引単位が小さく、スワップ金利が高く、スプレッドの狭い口座を使う(SBI FXトレードがおすすめ)(⇒FX口座比較を見る
  • ドル円が0.2円~0.5円下がるごとに買い増しをしていく
  • 暴落時には特に大きく買えるように
  • ドル円が0.5円~2円上がるごとに利確もしていく
  • 少しずつ投資資金を増やしていき、コツコツ利益を積み上げていく

⇒FXで米ドル積立投資を1年間続けてみた結果

このようなルールの元、特に「暴落時には大きく買う」を意識して、今回多めに買っていきます。

ドル円買いユーロ円売り両建ての状況

そして、ドル円買いユーロ円売り両建ての状況も見てみましょう。

ドルのポジションを増やしています。今回の円高で3万ドルを超えたいと思っています。

ドル円の含み損は増えていますね。

ドルが単独で弱いのでちょっと微妙ですが、それでも、ユーロ円売りの含み益が出てきており、リスクヘッジができています。

円高時はドル円買いのポジションを増やしつつ、円安時に仕込んでいたユーロ円売りを利確していきます。

今のところ順調な感じではありますね。もう少しユーロが下がってほしいところですが。

参考:FX両建てはドル円買いユーロ円売り両建て戦法の方がおすすめできる。

今後の見通しとトレード方針

さて、大統領選挙いつ決着がつくのでしょうかね。

個人的には民主党となると、下落するのでは?と思っていまいたが、全く分かりません。

引き続き、乱高下があると思いますので、資金管理には十分注意していきましょう。

今後のトレード方針ですが

  • 円高暴落時:ドル円買いを3万ドルまで増やしつつ、ユーロ円売りは2万ユーロまで利確したい。
  • 円安高騰時:仕込んでいたドル円買いを利確、ランドやペソ等も少し利確、保有している株も利益が出れば利確しつつ、ユーロ円売りを仕込む

といった感じで、例のごとく、相場に併せて淡々とトレードしていきたいと思います。

※記事のご不明点、初心者の方は、LINE@相談もお役立てください。

※また円高ドル安となると外貨預金でドルを買いたい人が増えますが、外貨預金はおすすめしません。「FXでリスクを低くドルを買う方法」を参考にしてください。