夏枯れ下落トレンドに突入か!?今週の相場とトレード振り返り(8月5日~9日)

8月5日~9日の相場と自信のトレードを振り返り。本格的に下落トレンドに突入か?今後の見通しも簡単に。

ども。投資軍師のかんべえです。

今週の相場ですが、リバウンドして回復するかと思いきや、また円高になったりと読めない相場でしたね。

今週の相場と投資結果を振り返ってみたいと思います。

日経平均は20,000円を割れず反発、ドル円も107円つけるも・・・

日経平均チャート

週明けの8月5日は大きく下げて始まりましたね。日経平均は20,000円を割るほどの勢いでしたが・・・そこからリバウンドしました。

ドル円チャート

ドル円チャートも105.5円割れから、一気に107円まで戻しました。

結局、またいつもの安定相場に戻るのかな?と思いましたが、その後、また105円台になるなど、ちょっと怪しい感じがしています。

トレードを振り返る。ドル安値で買える。米国VIの決済は悩ましい。

さて、今週は円高に進んだこともありトレードも多かったです。

ドル円買いユーロ円売りは順調

ユーロ円売りは117円で決済、ドル円買いは105円で約定といった現時点での安値で買うことができ良い感じでした。

ドル円買いユーロ円売り両建て戦法」は引き続き効果を発揮してくれていますね。

南アフリカランド円も6円台で買える

また、南アフリカランドスワップ投資も順調です。

6円台という現時点での安値で買っています。

南アフリカランドの買うタイミングを考える。」でも書きましたが、6円後半でジワジワ買い、6円割れ付近で大きく買いたいと思っています。

南アフリカランド円は原油安の影響もあり、円高に加えてさらに下がりやすくなっているようですね。果たしてどこまで下がるのか。

参考:「南アフリカランドFXスワップ投資の始め方

米国VI買いの決済に悩む

最後に米国viです。米国利下げ前にギャンブル的に買った米国viですが、一時は20を突破し、現在は18ポイントほどとなっています。

米国vi

14.5で買えていますので、かなりタイミングは良かったです。

ただ、いつ売ればいいのか?まだ相場が荒れそうな気がしていて、何とも言えないですね。本当は20超で決済し、ショートも入れたいのですが・・・。

来週の相場が安定してたらそろそろ決済をしようかと思っています。

そして、「米国viショート投資法」の通り、20超あたりでショートポジションを取りたいですが、このまま下がっていくと難しそうですね・・・。

今後の見通し 夏枯れ相場が続くと予想

今週は暴落しすぎた戻りの調整だと個人的には判断しています。

現在もドル円は105.6円と、まだまだ円高に進みたそうな感じです。

もう一段階、暴落があるのではないでしょうか。と予想します。

下がってくれば買うだけですが、また来週トレードに励みたいと思います。

ではでは、熱中症に気を付けて、夏休みお楽しみください。

タイトルとURLをコピーしました